ジャニせん通信

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやぁ気付いたら大会当日ですよ

おはようございます。
せんとです。

野球、ぼく好きなんですよ。
NHKBSで「球辞苑」っていう番組があります。皆様ご存じでしょうか?野球の用語の1つをクローズアップして、その技術や極意について掘り下げていく番組なのです。気になる方は番組見て欲しいです。うっかり赤い動画サイトにあがってたりします。それは見たことないけど。

で、思ったのは「球辞苑」の格闘ゲームバージョンが見たいなということです。格闘ゲームも専門用語多いですよね。最初の頃はちんぷんかんぷんでしたし、今も「グラ潰し」というワードが何かイマイチ理解できていません。さすがに僕の勉強不足でしかないのですが・・・。

誰か作ってくれないかなぁ。


で、話はタイトルに戻ります。
現在新幹線で移動中です。大阪→東京でだいたい2時間半から3時間とかで長いですよね。そういった場合だいたいは音楽を聴くことが多いのですが、“東京に行く”となったときに聴くようにしてるのがこちら

https://youtu.be/eu9Q5ZGFckM
「26ばんどうろのBGM」

ご存じの方も多いとは思います。このBGMはポケットモンスター金、銀のメイン地方であるジョウト地方をクリアした後に行けるカントー地方への道中で流れるBGMです。
「きみはいま、カントーちほうへのだいいっぽをふみだした!」
という道中のトレーナーの台詞でも有名なのかなぁと思います。もうかれこれ前のことなので当時の記憶はあまりありませんがワクワクしたのは憶えています。最近なかなかワクワクすることは少なくなりました。本日の大会はずっーと楽しみにしていました。そして僕の数少ないワクワクの1つでもありました。今日お会いする方、対戦する方よろしくお願いしますね!

せんと

九州のP4U2を盛り上げたいという話

皆様、あけましておめでとうございます。

福岡でマリーを使っているよーたっくと申します。

去年の12月のぺるきちでせんとくんからお誘いいただきジャニせんメンバーになりました。

 

12月30日タイトーステーション福岡天神でP4U2のフリープレイを開催しました。

トイさんがツイッターで福岡遠征したいってつぶやいていたので、せっかくなので人集めようと募集してみたのがきっかけでした。

年末の帰省などがかみ合い、結果7人が参加してくださり楽しい対戦ができました。

 参加してくださった皆様ありがとうございました。

せんと社長に対戦会のレポ書いてと依頼されてましたが、トイさんが素敵なレポをすでに書いてくれていたので紹介してレポは終わろうと思います。

 

ブログ更新しました。https://t.co/T9rBb4ddn4

— トイさん (@p4xrd12toy9) 2017年1月1日

 

さすがにこのまま終わるのもアレなんで福岡のP4U2事情を少しお話ししたいと思います。

福岡P4U2の現状

 私が福岡でアケソナデビューしたのが2015年5月ですが、当時は対戦会に十数名集まるような恵まれた環境でした。

しかし、就職、転勤、他ゲーに移ったなどでプレーヤー人口が減っていき、現在福岡でP4U2を現役でプレーしている人は残念ながら片手で数える程度しかいません。

なのでふらっと天体(タイステ福岡天神の略称)によって対戦とかは不可能に近いです。

そこで天体P4U2勢がよく利用しているのが天体のネシカの時間貸しサービス。

時間帯や平日or休日で料金は変わってきますが、最安で1時間1台800円で遊ぶことができます!激安!!

この時間貸しを利用してフリプ対戦会という形で声をかけ、集まり対戦しています。

実力的にはPSR500~700で、みんな勝ったり負けたりでキャッキャできる環境で楽しい対戦ができています。

ただ文字通りキャッキャしながら対戦してるんで割とうるさいです。

他ゲー勢の方に不快な思いをさせてないか不安になることもあります。

福岡のP4U2の課題

福岡のP4U2を盛り上げるためにどうすればいいのか、自分なりに課題点を挙げてみます。

身内で対戦して他を寄せ付けない空気が出ている?

とても楽しく対戦させてもらっているのですが、先述の通りキャッキャしながら対戦しているので入りずらい空気が出ているかもしれません。

新規を取り込む働きかけがない

北海道のゲーセンマキシムのP4U2勢は新規勢のために講習会を開いたり、他ゲー勢の方に声をかけているみたいです。本当に素晴らしいと思います。

福岡ではこういった取り組みはあまりしてきませんでした。

福岡のP4U2を盛り上げるには...

福岡P4U2を盛り上げるためにどうするのか考えてみました。

天体P4U2フリプを店舗でも告知してもらう

現在フリプの告知は個人のツイッター上のみで行っています。

皆さんのRTの協力などで見てくださる方もたくさんいるとは思いますが、やはり開催地である天体での告知の効果はかなりあると思っています。

U2に少しでも興味がある他ゲー勢などが見れば参加してみようかなという気持ちになるかもしれません。

天体で行われている個人主催のカオスコード対戦会は、主催の方が店舗に掛け合ってネシカ筐体などにポスターを掲示してもらっている実績があります。

これに習って、店舗に相談してみる価値はありそうです。

新規向けのイベント開催(願望)

これはやりたいのですが私にはハードルが高いです...

P4U2を初心者に教えれるほどの知識も力量もまだありません。

(マリーのことなら教えることができます。サブで使いたい方とかいれば何でも言ってください)

ほかの方の力を借りるのもありかもしれませんが...

遠征に来てもらう

福岡にはおいしい食べ物がたくさんあります。

ラーメン、もつ鍋、水炊き、九州各地の名産品、etc...

旅行ついでに僕と対戦してください!!

みんな来て!!!

 

九州全体が盛りあがればいいなって...

先日のフリプでは長崎からトイさん、きーまさん、熊本からでりさん、東京からの帰省でAKIRAさんが参加してくださっていました。

本当にありがとうございました。

遠征費や時間のお話を聞いてみると意外と近いしお手軽に遠征できることに気づいちゃいました。

これからは僕も九州各地に旅行ついでに対戦しに行けたらいいなーとか思ってます!

 告知

1月4日にまたフリプやります!

 みんな来て!!!!

【格闘ゲーム】チーム戦のときのセコンドって何を言えばいいの?

f:id:Johnnysento:20161230200018j:plainこんにちは
連日の更新になります。
ジャニせんのせんとです。

ジャニせんとはジャニーズせんとの略で主に格闘ゲームペルソナ4ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド」(以下P4U2)を中心にいろんなゲームをしたりするチームみたいなものです。

というわけで本日のテーマ
「セコンドで何を言えばいいのか分からない」

格闘ゲームをされてる方なら説明する必要もないと思いますが念のため。具体的に説明をしますと、格闘ゲームはもちろん1vs1でやるゲームなのですが大会によっては3on3であったり5on5であったりするのです。3人全員に勝てば勝ち上がり~だとか条件は色々あります。そういった中で生まれる状況が、『他人(チームメイト)が対戦している時に対戦しているソイツに向けて何かを言う』という状況です。ボクシングのセコンド?から来てるのだと思います。それに近いため多分一般的に格ゲー界隈でもセコンドと呼んでる気がする。そしてその状況で何を言えば良いのか分からないのが私、せんとです。

 僕がセコンドをした経験の大部分が3ヶ月に1度開催されるP4U2の大会ぺるきちアリーナなわけなのですが、セコンドするたびに何を言えばええんやと感じます。黙ってるのも雰囲気壊す気がして「ガンバレー」「バーストアルヨー」と何度か言いますが、その後言うことがなくなって黙ってしまうのです。これは良くない。でも何を言えばいいのか。
「何を言うべきか」という問題は「自分が何を言って欲しいか」というところから出発できる気がしたのでとりあえず自分が対戦してたら何を言って欲しいかなと考えてみます。ぼくはPSR650くらいのミナヅキ使いですので、そんなレベルで考えてます。
 まずは「クマのアイテム」です。初心者を抜けだして初級者になったのでSPゲージとバーストくらいはコンボしながら見られるようになりました多分。大会という緊張した状況でもゲージ管理できるようになってると思います。逆に言えば見えてるのそこぐらいです。その中で頭から抜けちゃうのがクマのアイテムの順番かなぁと思いました。うっかり抜けちゃうの。「次ドラム缶だよ!」「次上から振ってきて混乱するやつだよ!」とかいってもらえたら警戒しやすくなるし嬉しい!と思いました。
 あとは「残りタイム」ですかね。野試合しててもたまにタイムないやん!ってなることがあります。浅いですね。だから残りカウント50切ったあたりでタイムのことをちらちらっとセコンドから言って貰えば嬉しいかなと思いました。少し考えてみて思いつくのはこのあたりです。
 自分が言われる立場ならどんな情報でも言って貰えたら嬉しいなともおもいます。頑張れ!とかでも嬉しいなぁ。そこら皆さんどうなんでしょ。喋りすぎ気が散る!ってなるんでしょうかね?
 
 逆に言われたら嫌だなーと思うのは「冗談」ですね。緊張した状態をみかねての発言だと思うので気持ちは嬉しい。が、今ガチでやってんねん!と感じる。1ラウンド先取された後で「夜の飲み会が本番なんやから楽にいけ」とか言われたら多分めっちゃ萎える。これに勝ちたいねん!ってなる。ただそんな思考に至る時点で僕が弱すぎるのかもしれない。めんどくさい。
 ただ、僕はこういうかんじの冗談をたぶんめちゃくちゃ言ってます。直さなければいけないですね。というわけで次は今でもセコンドについて貰って安心して戦えた昔の経験からセコンドを考えてみます。

 僕が今でも本当にありがたかったセコンドは2016年の5月くらいにa-choであった紅白戦『クマ派vsコロマル派』のときのセコンドです。そのときセコンドについていてくれたのか2014年あくれぼの覇者の方でした。その大会では割とテンパっていてフワフワしてたのを覚えています。そんな状況でゲージのこととか、振る技とかを言って貰えたことで落ち着けたしそれなり勝てました。僕にとっては今でも歴代ベストのセコンドだと感じます。ありがとうございました。
 そして本題なのですが、このときのセコンドでかけられたアドバイスがぺるきちとかで掛けられた言葉と異なるかといえば、多分ほぼ変わりませんでした。じゃあなぜぼくはその時安心して戦えたのか。それはアドバイスの内容じゃなく強いひとに声をかけ続けてもらったからなのではないのか。という結論になります。誰からアドバイスを貰うかという点も割と重要なのかもしれません。

 セコンドについて何言えばいいんや問題は僕の中で半年前くらいからモヤモヤ抱えてたことでした。もう浅い格ゲーマーの僕1人で考えても仕方がないから歴戦の勇者達がどんな声を掛けてるのか、ということを前回のぺるきちではそれとなくチェックしてました。そもそも今は大会とかないし、公式大会とかのチーム戦を経験してる上級者にこそ、セコンドの極意みたいなものがあると期待もしていました。そういうわけでペルソナ王者軍チームがぺるきちの決勝で何を言ってるのかなと観察したところ、そもそも対戦している人の横について声をかけるセコンドスタイルではなく、2名とも後ろから見守るオカンスタイルでした。なるほど。と僕は思いました。あのレベルになれば対戦前に話すことはあれど対戦中にエイヤソイヤ言う必要もないのですね。「おまえが負けても俺が控えてるで!」そんなメッセージを後ろから見守る2人から感じました。安心感ですね。

まとめ
 大会という場は初心者ほど緊張もするし視野も狭くなりがち。だからこそどんな情報であれセコンドに伝えてもらえたら嬉しい。だからちょっとお節介くらいにバンバンいろいろなことを言っていこうかなと思います。安心感、それを与えることがセコンドに必要なのかなぁと思います。

 僕の理想のセコンドは、後ろからナデナデしてもらいながら「頑張って!残りタイム50だよ!」って言ってくれる女性のセコンドです。めちゃめちゃ安心して対戦できるようになるとおもいません?というわけで2月の大会で僕に「安心感」を与えてくれる方、チーム組みましょう。

せんと

データから振り返る2016年P4U2ライフ

この記事は統計から有意ななにかを示すものじゃなく、単にぼくがグラフ見ながら1年を振り返ったものです。自分語り。これ保険。大事


こんにちは、せんとです。

 

 2016年もあと少しになりました。2017年がそこまできてますね。今回はいろいろデータを見て2016年のP4U2生活を振り返りたいと思います。対戦数とか勝率とかを記録し始めたのはアーケード版P4U2を始めた2015年3月くらいからなのですが、なかなか全部見るのも大変なので2016年1月から12月のデータを集計してグラフにしてみました。ついでに通算のキャラ対戦数についても気になったのでグラフにしてます。その話はまた後で・・・

 

f:id:Johnnysento:20161229220657p:plain

 まずは2016年月ごとの対戦数のグラフです。こんなにいびつなグラフになるとは思いませんでしたが振り返っていきましょう。1月については学生だったのでテストのため一度もゲームセンターにすら行っていません。2月と3月についても対戦数が低くなっていますがこれは「就活」してたのが原因ですね。就職活動自体は3月からだったのですが、2月のときから翌月のことを考えるとブルっていて家に引きこもっていました。あとは就活にお金がかかることを見越してゲーセン行かずに貯金をしていました。ここらに賢さを感じますね。というわけで3月のぺるきちアリーナ13にも行かず、いろんな企業に行っては月面パナしてた...そんな感じてすね。

 4月、むおんくんが高校を卒業しました。そして対戦数が急激に上がっています。そう就活が終わりました。ぼくはまたゲームセンターで戦い始めました。2月の貯金が功を奏し就活貯金がそのままゲーセン予算になりました。5月もまぁなんでこんな対戦したんだと今になって感じます。俺は誰と対戦してたんだ??

 6.7.8月になるとまた対戦数がガクっと下がっています。ムラッ気持ちです。何してたの?と聞かれれば、勉強とバイトをしていました。春先に遊びすぎた結果、金を下ろそうとしたら『残高がありません』と通知されたのが6月。震えましたね。親に金くれーって電話したのもこの時が初めて。いやぁクズに片足どころか半身突っ込んでる感じです。そんなこんなで生活を改めようとゲーセンからは離れていました。

 9月、夏休みです。バイトも暇な時期に入り働く必要もない。金もできた。時間もある!!!!!ゲームだ!ということでゲーセンに行きまくってました。ペルソナ5してたら9月終わるかな?と思ったのですが1週間くらいで終わりました。9月はぺるきちアリーナ14と闘神祭があって対戦会やイベントが多くあったのも対戦数増加の一因だった気がします。

 10月以降は闘神祭でミナヅキくんが優勝したこともありやる気maxって感じでした。いろいろ新しいこととか練習して対戦してたらPSRが670くらいまで行きました。あっこれは今年度中にPSR700いくねと思っていたのですが、そうはいかなかった。壁、高くない?というわけでろいろあってぺるきち15も終わり大方の僕の2016年も終わりました。

 2016年は2727戦していました。う~ん。これは多いのか??

 

というわけでここからはデータを見つつ真面目に振り返っていきます。2016年1月から現在までの対戦数累計とPSRの推移をあらわしたグラフになります。

f:id:Johnnysento:20161229222827p:plain

 2015年の対戦数が1877戦でした。そこからスタートして現在が4673戦です。ちょいちょい誤差があったりしますが、2015年までのデータが全キャラ対戦数になってるためだと思われます。とはいっても100戦もしていないくらいなので許してほしい。というわけでグラフについてですがPSRが9月ごろから急激に上がりました。これは『あちょそな金曜部』のメンバーの皆様が6~8月にかけて急にPSRが上がったことが関係している思います。僕がゲーセン行っていなかった間にょきにょきしたPSRをもらった結果ぼくもNYOKINYOKIしてしまいました。つがいP、パシリくん どうもありとう!!!! PSRが11月以降下がったのは、それまでほとんど勝ててた影千枝に負けまくったことが一因。それもまたカバーできてはいたのですが、なんだかんだぺるきち15翌日の野試合で影天田に負けまくって650にただいましてしまったというのがオチ。

 そしてPSRと一緒にきれいに増加していったのが勝率。

f:id:Johnnysento:20161229223639p:plain

 勝率については各月だけの勝率ではなく累計の勝率です。単純にデータだけ見比べたら勝率が上がったからPSRも上がったと捉えることもできそうなのですが、実際はそうではないかなと感じます。この部分が2015年と2016年の大きな違いだったのですが、2015年の主な相手は関西一位のマエケン順平と”当時は”格上のむおん(番長)でした。マエケン順平はPSR700くらいでヘッスラしてはカキーンで最初は40戦やって1回も勝てないし、むおんくんはすぐ透かし下段してくるし、全然勝った記憶がなかったです。もちろん2015年のデータがあって対順平戦が203戦31勝(勝率15%)、対番長が208戦58勝(勝率25%)でした。あれ?意外と勝ってるな。そんな感じで同格から上の実力の方と対戦してた結果勝率が低くなったということです。

 一方2016年はだいたい同じくらいの強さの人と対戦できるようになりました。というより上の人が消えた。メインの対戦相手がつがいさんとパシリさん、ちょっと減ってりるあさん、むおんくん。つまりは『あちょそな金曜部!!』。強くなったというより同格の人と対戦できるようになったから勝率が上がったのかなと思います。同格の人と対戦できるようになってからは2倍くらいこのゲームが面白くなりましたね。使用キャラも闇ではない(一部除く)から駆け引きとか読みあいの面白さが分かりました。ほんとありがとう金曜あちょそな部のみんな。これからも駆け引き(5C)と読みあい(シンエンニオチロォー)していこうな。

 勝率に関してはこのくらいですかね。最初の1000戦終わったとき勝率が25%だったことを考えると、よくココまで戻したなと思います。フフーン

 

つづいてキャラ別の対戦数と勝ち数のグラフです。

青いのが対戦数、オレンジが勝ち数を表しています。

f:id:Johnnysento:20161229232735p:plain

 一番対戦しているのが影美鶴で500戦そっからマリー、番長、影千枝、影ゆかり、足立が300戦以上やってるラインですね。皆さん本当に対戦して頂きありがとうございました。勝率については、どれくらいの強さの方を相手にしてるかどうかという点があるのであまり参考にはなりませんが現状一番勝率が悪いのが表ラビリスで21戦1勝20敗(勝率)5%以下です。先日どのキャラが一番勝率低いでしょうかとちょっとクイズしましたけど、正解は表ラビリスでした。20戦ぽっちじゃ参考記録程度かもしれませんが勝ってません。それなりに数をこなしててかつ勝率がいいのは影千枝影ゆかり表裏りせですね。ほんと相手次第なところはあるので語らない。揉める。

 2016年の特徴をもう1つ挙げるとしたら、いろいろなキャラと対戦するようになったことが挙げられます。2015年は前述したように順平と番長相手が多く、2015年対戦のうち35%がこれらのキャラでした。2016年のデータと比較したら順平の対戦割合が11%から5%に下がっていました。マエケン、おとぎの国から帰って来いよ。番長については某A氏とする機会が今年増えたこともあり、対戦割合は変化していないという感じですかね。

 

・まとめ

 2016年はいろんな人と対戦できたし、知り合いもたくさん増えた1年になったかなと感じています。みんなもいまからデータを集めて来年末に眺めてみよう。楽しいよ。最後にこのグラフだけ貼っておわります。読んでいただきありがとうございました。よいお年を!!

f:id:Johnnysento:20161230012725p:plain

カラー選びは大事

どうも、会長こと鯛です。

ぺるきちも終わったということで久々に記事書いてみます。

 

ぺるきちお疲れ様でした!今回も楽しかったですね〜!

ぺるきち名物ひつまぶしとぺるきち名物クロワッサン鯛焼きも食べて大満足です。

 

ひつまぶし is GOD

 

 

相変わらず表クマでまったり楽しんでいるわけですが、最近はたまに足立使って遊んだりもしてます。

家庭用の頃からこのキャラ面白いなーと思ってたからね。しょうがないね。

 

という訳でキャラを新しく始めるとなると最初にするのはカラー選びですね!

そして僕が選んだカラーがこちらです!!!

f:id:Johnnysento:20161221212623j:plain

いい色ですね!!!!!

 

一部の方からは

「顔色がヤバい」

「すげー気持ち悪い」

等と言われ大好評です。

 

ちなみにこのカラーはギルティパロカラーで、ギルティギア(イスカ)に登場するロボカイⅡのカラーなのです。

f:id:Johnnysento:20161221213100p:plain

こっちはロボだからいいけど足立は人間だからそりゃあヤバいことになるよね。

 

カラーでびびらせて相手の動きを悪くできたらいいなぁ()

 

みなさんもカラー選びはじっくりやりましょう。

 

 

 

 

さよなら!!!!!!!!!!

ぺるきち#15を終えて

こんばんは!
せんとです。
f:id:Johnnysento:20160918235324j:plain

名古屋で行われたぺるきち#15(P4U2の大会)と翌日の野試合を終えて帰宅しました。
どうしても2日間じゃお礼とか伝えきれないところがあったのでこちらに書きます。

まずは、皆様お疲れ様でした。
大会を開催、運営してくれた方々はもちろんですが、ジャニせんのみんなや対戦してくれた方、ありがとうございました!
特に
僕なんかチームを組んでくれた
ぐらにゅさんとののさん
大阪名古屋間の行き帰り車で送迎してくれた
・パシリさん・味噌さん
名古屋の中の移動で車に乗せてくれた
いろはすさん

お世話になりました。
ほんとにほんとにありがとうございました。

「土曜朝○○駅に迎えに来て」って言っていたのに
家の玄関開けたら味噌カーが待機してて、あれ?神かなんか?と思った。


今回は前回と違って移動に公共交通機関を一切使用せず2日間過ごすことができたおかげでめちゃめちゃ楽ができました。宿もジャニせんの方のところにお邪魔させてもらったので実質ゲーセンと飯以外でほとんとお金がかかりませんでした。会長ありがとう。僕は金欠学生でもあるので助かりました。ちゃんとお礼をしなきゃね...


ぺるきち本戦の話はというと、2回戦敗退でした。
1回戦からなんとパシリさんと味噌さんのチームに当たってしまいました。行きの道中で「俺ら初戦でぶつかったら笑えるなぁ」なんて言ってたらほんとに初戦で当たったのでこれからはそういうこと言わないようにしようねと帰りの車内で約束しました。ぼく個人としては対戦前から“後部座席で寝てるだけで大阪名古屋間を移動させてもらっているのに勝ってええんか・・・?”と思いました。ただ、a-choのリーグ戦では完全に負けていた分ここでは勝ちたかったのでめちゃめちゃ勝ちたいんやムーブしてました。勝てました。大会でかちゃあいいんや!


そんなこんなありながら
僕をちゃんと送迎してくれてありがとうございました。
もちろん自宅前まで送ってもらいました。神かな?



前回のぺるきちのときもそうだったのですが
「今回のぺるきちでP4U2はいったん区切ろうかな~」
なんて大会前は思っていたのに、ぺるきち終わったら
「このゲームおもしれ!!!!やりこも!!!!5C!5C!」ってなるんですよね。

ぺるきちのおかげで僕のモチベーションが維持されているといってもいい。
次回も開催されるということが僕にとっては大変うれしかったです。

なんでもそうだけど、大会をゴールだと考えてることが結構ある。実際は大会っていうのはスタートに近いものなんじゃないかなぁと思ったりしました。大会で優勝したら考え方が変わるかもしれません。



2日間お世話になりました。
皆様本当にありがとうございました。
また2月の新宿か、次回ぺるきち16で会いましょう!

せんと